白内障はどんな病気
白内障の症状(見え方)
白内障のおこる原因
白内障の治療法
白内障自己チェックシート
白内障の手術
手術の痛みについて
手術前に必要な検査
手術後の通院
手術の費用について
手術の様子と注意事項
(手術前・手術時・手術後)
手術後の眼の保護について
手術後の日常生活
手術後の眼鏡について
まとめ
(手術後のスケジュール)
守山本院
南草津分院
白内障のおこる原因
少し専門的なお話になりますが、白内障での水晶体の濁り増加の原因は、水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う、不溶性蛋白の増加であるとされています。一般的に白内障で最も多いのは、年齢に伴う老人性白内障です。年齢とともに白内障の発症は増加しますが、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。目の外傷や、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などでは年齢にかかわらず若いうちからの発症が多いことが知られています。その他にも放射線や赤外線照射、ステロイド剤や抗精神病薬などの副作用、遺伝、ブドウ膜炎などによる続発性白内障があります。また、網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも白内障が進行することがあります。生まれつきに水晶体の濁りのある、先天性白内障もあります。
前のページへ    次のページへ