白内障はどんな病気
白内障の症状(見え方)
白内障のおこる原因
白内障の治療法
白内障自己チェックシート
白内障の手術
手術の痛みについて
手術前に必要な検査
手術後の通院
手術の費用について
手術の様子と注意事項
(手術前・手術時・手術後)
手術後の眼の保護について
手術後の日常生活
手術後の眼鏡について
まとめ
(手術後のスケジュール)
守山本院
南草津分院
手術後の日常生活
手術後に視力が回復しても、眼の状態が安定するまでは数週間以上かかります。せっかくよく見えるようになっても、手術後の受診をきちんとしないと取り返しのつかないことになりかねません。油断は絶対禁物です。手術後はしばらくの間、点眼と定期的な診察が必要ですので、注意してお過ごし下さい。
◆手術後1週間、夜は「かねの眼帯」、昼は「保護メガネ」を必ず着用してください。
◆うがい・歯磨き
手術直後から可能です。ただし口をゆすぐ時は、眼の中に水が入らないように十分に注意してください。洗顔は禁止です。絶対に眼や眼の周りをこすったりしないでください。
◆シャワー・入浴
シャワー・入浴は許可が出るまで控えてください。許可が出た場合も、眼の中に水が入らないように十分に注意し、最初のうちは、ぬるま湯でさっと済ませるようにしてください。
◆仕事・運動・旅行
手術後しばらくは重いものを持ったり激しい運動は控えて、徐々にもとの生活に戻すようにしましょう。特に手術後1ヶ月は旅行、出張等の遠出は控え、無理をしないようにしましょう。
◆タバコ・飲酒
飲酒は医師の許可が出るまで必ず控えてください(手術後約1週間)。タバコはあまり重大な影響はありませんが、すこし回復を遅らせることがあるため、本数を控えめにしてください。この機会に禁煙にチャレンジしてみてはどうでしょう?
◆テレビ・読書
視力が回復し見え方が安定すれば、眼を使うことは全く問題ありません。ただしメガネを必要とする方は、手術前と度数が変わることになります。メガネ合わせは眼の状態や視力が安定してからとなります。通常は手術後1ヶ月以降が望ましいです。このことは次の「手術後のメガネについて」でさらに詳しく説明します。
前のページへ    次のページへ