白内障はどんな病気
白内障の症状(見え方)
白内障のおこる原因
白内障の治療法
白内障自己チェックシート
白内障の手術
手術の痛みについて
手術前に必要な検査
手術後の通院
手術の費用について
手術の様子と注意事項
(手術前・手術時・手術後)
手術後の眼の保護について
手術後の日常生活
手術後の眼鏡について
まとめ
(手術後のスケジュール)
守山本院
南草津分院
手術後の眼鏡について
昔の手術の方法では眼内レンズを挿入しませんので、ほとんどの場合、手術後は強度の遠視になりました。このため手術後に必ず、分厚いメガネ(いわゆる牛乳ビンの底の様な分厚いレンズ)や専用のコンタクトレンズの装用が必要でした。
今日の様な最新の手術法では、水晶体のかわりとなる眼内レンズを入れてしまいますので、そのままでもある程度はよく見えるようになります。しかし、自分の生活環境に応じてメガネをあわせていただいた方がいいでしょう。
その理由は、白内障手術を受けた目はハッキリと見えるようにはなりますが、老眼の進んだ状態と同じく、ピントをあわせる調整力がありません。そのため「遠く」も、「近く」も、その両方が見える訳ではありません。
「眼内レンズのピントが遠くにあった目」では、遠くはハッキリみえますが近くはボヤけてしまいます。
逆に「眼内レンズのピントが近くにあった目」では、近くはハッキリみえますが、遠くはボヤけてしまいます。
つまり、よりハッキリと遠く、よりハッキリと近くが見えるようにするには、それぞれの使用距離に合わせたメガネを使用していただくとよいわけです。
ただし、手術を受けたあと、目の状態が安定するまでは度数も少しかわることがあります。手術後のメガネについては医師とよく相談してから作成してください。通常は、視力と眼の状態が安定する1ヵ月以降が望ましいです。手術後の回復には個人差もありますので、詳しくは医師とよく御相談ください。
前のページへ    次のページへ