感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

先天性鼻涙管閉塞開放術
(せんてんせいびるいかんへいそくかいほうじゅつ)

  • 先天性鼻涙管閉塞症(せんてんせいびるいかんへいそくしょう)は、通常生後まもなく1ヶ月位から、涙やめやにがひどくなる症状です。目薬でよくなるものの、中止するとすぐ再発する症状を繰り返しますが、生後3ヶ月位までに自然に治ることが多いようです。長引くようであれば、涙道ブジ−という金属製の細棒状の器具を涙の道に通す手術をします。これを鼻涙管開放術(びるいかんかいほうじゅつ)とよびます。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。