感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

眼瞼下垂(がんけんかすい)

主な症状

  • 瞼(まぶた)がさがってきたり、開きにくい状態、これにともなう疲れ。外見上は上まぶたにくぼみが出てきたり、眼を開けると額にしわができたりすることもあります。眼の奥等が夕方から痛くなったり、肩こりや偏頭痛が起こりやすくなります。

どんな病気?

  • 眼瞼下垂(がんけんかすい)は、眼を開ける筋肉である眼瞼挙筋(がんけんきょきん)がゆるんで、まぶたが十分に上がらない、または全く上がらない状態のことをいいます。まぶたが下がったままなので、視界が狭くなったり、見えにくくなったりと視力障害がおこってきます。生まれた時から眼瞼拳筋の発達が悪い先天性眼瞼下垂と、後天性眼瞼下垂とがあります。後天性の眼瞼下垂には、年齢とともに起こる老人性下垂、白内障などの目の手術後、コンタクトレンズを長年使っている人に発症するものも含まれます。また、まぶたの皮膚がたるんで下がることで視界がさえぎられ、上方が見えにくいためにあごを上げて物を見るようになり、肩こりや弱視の原因にもつながるなど、眼瞼下垂の症状はさまざまです。
  • 30分

Q&A

  • 眼瞼下垂になりやすい人は?
  • アトピー等でまぶたを無意識にこする人。コンタクトレンズ装着者。花粉症などアレルギー性結膜炎で、日常的にまぶたが腫れやすい人。白内障の手術を受けた人等が、なりやすいといわれています。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。