感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

主な症状

どんな病気?

  • 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)は、まぶたを閉じる筋肉(眼輪筋といいます)が、自分の意思に関係なくけいれんする病気です。結膜炎や角膜炎、異物の侵入、ドライアイ、ヒステリー、チックなどで起こるけいれんとは全く別のけいれんで、はっきりとした原因は分かっていません。まぶしい光やストレスは、これらの症状を悪化させるといわれています。症状の進行はゆっくりしていますが、そのまま放っておいて自然に治る病気ではありません。多くの場合は次第に痙攣の回数が増し、日常生活や仕事に支障をきたすことになります。40〜70歳の中高齢者で発症することが多く、男女の比率はほぼ1対2で女性に多くみられます。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は
  • 約30分です。
  • 病気に気づいたらどうする?
  • まぶたの痙攣(けいれん)でお気づきの場合が多いですが、安静を心がけ、まず受診してください。他の原因での痙攣の場合もありますのでご自分判断は禁物です。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。