感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

弱視(じゃくし)

主な症状

どんな病気?

  • 弱視とは、メガネやコンタクトで矯正しても、視力がでない眼のことをいいます。裸眼視力が例え0.1であっても、眼鏡などで矯正して1.0など必要な視力が出れば、弱視とはいいません。弱視の原因は、大きく2つに分けられます。一つは先天性の白内障などの重い眼の病気があるなどが原因で視力が悪いもの。もう一つは視力の発達する2〜3ヵ月の頃から3歳頃までの幼児期に、斜視や強度の屈折異常(遠視・近視・乱視)があり、鮮明な映像を映していない眼から得られた情報が抑制され、正常な(もしくは異常の少ない)眼のみが働くようになり視力が上がらなかったものです。
    特に屈折異常が原因の場合は、早期に適切な対処をすることにより、視力の改善が望めます。

Q&A

  • 子供が眼鏡をいやがるのですが?
  • 小さい間はあまり不便を感じることもないかもしれませんが、学校に行くようになると、長く教科書を読むことがつらくなったり、勉強に集中することが出来ないかもしれません。大人になって不便を感じるようになったとしても、目の成長が止まってしまった後には治療方法はありません。両目とも、ある程度の視力がなければつけない職業も数は減りつつありますが、まだあります。何より、健全な方の目に何かあったときには、悪い方の目だけで生活することになる危険があります。最悪の事態も考慮に入れて、できる限りのことをしておくことが大切です。治療ですのでお子さんがいやがっても眼鏡を使ってください。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。