感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

結膜異物・角膜異物(けつまくいぶつ・かくまくいぶつ)

主な症状

  • 異物感、涙、充血、まぶしい

どんな病気?

  • 結膜異物・角膜異物とは、結膜や角膜に異物が付着あるいは刺さった状態をいいます。治療は、異物を除去し、同時に感染の予防を行います。角膜にある異物は細隙灯(さいげきとう)顕微鏡下でていねいに除去します。
    異物が大きく除去後の傷が大きい場合は、感染を予防のため抗菌眼軟膏を入れ、眼帯をつける場合もあります。また、異物が汚染されている場合は、特に感染予防対策が大切で、内服薬を用いる場合もあります。そのような場合は必ず翌日の診察を受ける必要があります。
    万が一感染を起こした場合には角膜潰瘍など重い症状に進む危険性があります。

    ※眼の構造へ

Q&A

  • 検査のみ所要時間は
  • 15分です。
  • 鉄粉が眼にはいってしばらくすると痛みが無くなりましたが受診は必要ですか?
  • 鉄粉などの金属の異物の場合、金属の痕跡などが「サビ」となって角膜等に付着している場合があります。痛みが無くなっても一度受診されて異常がないか確認した方が良いでしょう。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。