感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

網膜裂孔・網膜剥離(もうまくれっこう・もうまくはくり)

主な症状

  • 初期には飛蚊症(ゴミのようなものが見える)や光視症(フラッシュのような光が見える)の症状・視力低下・視野欠損(しやけっそん=見える範囲が欠ける)がおこります。

どんな病気?

  • 眼球の最も内側にある壁にあたるところを網膜といいます。網膜はしばしばカメラのフィルムに例えられますが、この壁に孔(あな=深くえぐり取られた穴のこと)が開いてしまうことを網膜裂孔(もうまくれっこう)と呼びます。網膜裂孔を放置した場合すべての例ではないのですが、壁の穴から水が入りこみ、網膜が剥がれるといった網膜剥離(もうまくはくり)を発症する恐れがあります。網膜剥離が起こると、視野が欠ける「視野欠損」が起こります。一般的に視野欠損は、視野のはしから始まり、剥離が進むにつれて広がっていきます。近視の強い方、網膜剥離の患者が血縁にいる方、アトピー性皮膚炎の眼症状の強い方は注意が必要とされています。  ※眼の構造へ

Q&A

  • この病気を起こしやすい人は?
  • 網膜剥離は、年齢的に発症の特徴があり、そのピークは、40〜60歳代です。また、近視の人は一般に眼球の奥行きが大きく、その分だけ網膜が伸びて薄く破れやすくなっています。なかでも20歳代以降の強度近視の人に網膜剥離が多く見られます。網膜剥離の多くは、網膜に孔(あな)があく網膜裂孔から起こります。網膜がはがれる前には、飛蚊症などのサインが現れることが多いので、早めに受診することが大切です。万一剥離が起こっても、早期に治療すれば失明に至ることはほとんどありません。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。