感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

生理的飛蚊症(せいりてきひぶんしょう)

主な症状

  • 黒い物(虫・糸くず・輪)が飛ぶ・黒い物(虫・糸くず・輪)が見える

どんな病気?

  • 生理的飛蚊症(せいりてきひぶんしょう)は、正確にいうと、病名ではなく、眼の前に黒い点がちらついたり、糸くずのようなゴミや、虫のような影が見えたりする症状のことを飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。硝子体(しょうしたい)が年齢により濁(にご)るためにおこるとされています。飛蚊症はいろいろな原因で起こりますが、このうち加齢(かれい=年齢を加えること)によるもので、病気ではないものを生理的飛蚊症と呼びます。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は?
  • 約60分です。
  • ゴミのように見えるものの正体は何ですか?
  • 生理的飛蚊症のように治療の必要なない飛蚊症においては、硝子体をつくっている繊維物質が加齢(かれい=年齢を加えること)により濁(にご)ったものとされています。
  • 生理的飛蚊症と診断されたら、もうずっと受診しなくてもよいのですか?
  • 目の前でちらちらしているものは、やがてその存在に患者さんが慣れてしまい、気にならなくなることが多いようです。その場合は定期検診なども必要ありません。しかし、急に数が増えたり、見えているものの形が変化したりというような場合は、すぐ眼科を受診するようにしてください。生理的飛蚊症は、病気ではありませんのであれこれ気になさる必要はありませんが、突然の病的変化を見逃さないためにも、時々白い壁などを見て目の前にちらつくものはないかチェックしてみるのもよいですね。

コンタクトレンズやメガネ装用者へのアドバイス

  • 病気でない生理的飛蚊症は、基本的にコンタクトレンズもメガネも使用できます。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。