感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

先天性鼻涙管閉塞症(せんてんせいびるいかんへいそくしょう)

主な症状

  • 涙目が継続する

どんな病気?

  • 生まれたばかりの赤ちゃんのなかには、涙が目から鼻へとながれる道である、鼻涙管(びるいかん)から鼻腔(びこう)に通じる部分に膜が残ってしまっていることがあります。これが先天性鼻涙管閉塞(せんてんせいびるきんへいそく)で、涙が鼻に流れることができないため、目にたまり、外にこぼれたり、目やにがいつでも出ているといった状態がみられます。片側のみのことが多いのですが、両側のこともあります。赤ちゃんは鼻涙管が細いので炎症が起きやすいうえに、涙嚢(るいのう=涙が集まる袋状の部分)にたまった涙には細菌が繁殖しやすく、目やにがたくさん出ます。これを新生児涙嚢炎といいます。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は
  • 約10分です。 ※先天性鼻涙管閉塞開放術の場合+20分
  • 赤ちゃんの目に涙がたまるので心配です。
  • 生まれたばかりから、片方の目だけ涙がでる場合はまず一番に考えるのは先天性鼻涙管閉塞症です。自然軽快もありますが、一度眼科で受診して経過を見るのが安心でしょう。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。