感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

春季カタル(しゅんきかたる)

主な症状

  • 結膜(けつまく)白目(しろめ)部分が充血し、痒(かゆみ)みがあり、目やにが多くなります。コンタクトレンズをお使いの方は汚れやすくなりますので要注意です。春から夏に多くなります。

どんな病気?

  • 春季カタル(しゅんきかたる)は、アレルギー性結膜炎の一種で、症状が強く特に春から夏にかけて悪化しやすい種類の結膜炎を「春季カタル」と呼ぶ場合があります。(カタルは粘膜の表面の炎症のことを意味します)。春から夏にかけて症状が悪化し、冬にはおさまり、また春になると症状が悪化するということを例年繰りかえすことが多く、10〜20歳の男子に多いと言われており、まれに角膜にも病変が起こることがあり、視力障害が残ることもあります。アトピー体質の子どもがなりやすい病気ですが、多くは成人するまでに軽快します。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は?
  • 約10分です。
  • 長期的に点眼する時の注意事項は?
  • この病気は、点眼をしている間は症状がおさまっていますが、点眼を止めると悪化するという悪循環を繰り返すことが多いので、根気よく治療することが大切です。ただしステロイド剤の点眼は、緑内障の素質のある人には眼圧が上がって緑内障を起こす危険があります。通常は眼圧検査での値を見ながら治療の管理をしていきます。したがって、長期にわたる点眼は必ず医師の指示に従ってください。

コンタクトレンズやメガネ装用者へのアドバイス

  • 症状がでたら、メガネの使用をおすすめします。どうしてもコンタクトレンズを使用しなければならないときは、まずは眼科で相談してください。コンタクトレンズが普段より汚れやすくなりますので、1日使い捨てタイプ(ワンデータイプ)をおすすめします。2週間使い捨てソフトレンズを使用している方などは、季節性のアレルギー症状がでている期間だけ、1日使い捨てタイプ(ワンデータイプ)をおすすめします。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。