感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

中心性漿液性網膜脈絡膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいもうまくみゃく
らくまくしょう)中心性網膜炎(ちゅうしんせいもうまくえん)

主な症状

  • 中心部が見えにくくなる。中心部が暗く見える。

どんな病気?

  • 中心性奨液性網膜脈絡膜症(中心性網膜炎)とは、働き盛りの男性によく見られる目の病気で、物を見ようとすると、真ん中が暗く見えにくくなります。この病気は、年齢的には30〜40歳代の働き盛りの人で、特に事務系の仕事や頭脳労働に携わっている人に多く見られます。心身の過労が引き金になって起こると考えられています。ほとんどは自然に治りますが、症状のよく似た他の病気もあるので注意しましょう。  ※眼の構造へ

Q&A

  • 検査のみ所要時間は
  • 約60分です。 ※視野検査の場合+10分
  • 治療中は読書などは禁止でしょうか?
  • 中心性網膜炎になっても、仕事や読書など、眼を使うことを避ける必要はありません。ただし、無理は禁物です。疲れをためたり、ストレスが重なると、治りが悪くなるだけでなく、再発の可能性も高くなるからです。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。