感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

VDT症候群(VDTしょうこうぐん)

主な症状

  • 見にくい。かすむ。疲れる。充血がある。目がかわく。

どんな病気?

  • 現代は、誰一人としてコンピューターと無縁ではいられない時代になりつつあります。また、コンピューターの他にもワープロ、テレビゲームなど、私達のまわりにはVDT(Visual Display Terminal)がいっぱいです。そんな中、コンピューターなどの端末であるVDT操作に起因する眼精疲労を訴える患者が激増しています。VDTを使う作業によって起こるこうした疲れ目、身体、心に影響のでる病気を、VDT症候群(別名テクノストレス眼症)とよんでいます。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は?
  • 15分
  • VDT症候群の場合日常生活で注意事項は?
  • 一般的に5つのポイントがあります
    1.1時間ごとに10〜15分は休けいをとりましょう。遠くの景色をながめたりして目を休めましょう。
    2.ときどき適度に全身を動かして、緊張をほぐしましょう。
    3.メガネ、コンタクトレンズは度の合ったものを使いましょう。
    4.ドライアイ、緑内障の人は過度なVDT作業で、病気が悪化する危険性がありますので、十分注意しましょう。
    5.異常を感じたら、早めに眼科に受診しましょう。

コンタクトレンズやメガネ装用者へのアドバイス

  • 現代社会はパソコン作業等画面を長時間見続ける環境にあります。またストレスも多く眼精疲労や、ドライアイも多く見受けられます。例えばパソコン作業が多い場合はメガネやコンタクトレンズの度数を少し弱めにした方が疲れにくいとされています。使用目的にあった適切な度数選びが必要です。また、コンタクトレンズの素材や種類との相性もありますので、眼科にてご相談ください。 最近ではVDT作業を楽にするメガネやコンタクトレンズも発売されていますので一度眼科にご相談ください。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。