感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

サイトマップ

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

翼状片炎(よくじょうへんえん)

主な症状

  • 結膜(けつまく)の白目(しろめ)部分の充血。黒目と白目の境に突起物ができる

どんな病気?

  • 翼状片炎(よくじょうへんえん)は、主に鼻側の結膜(けつまく=白目)が角膜に侵入してくる病気で、結膜の白い部分が角膜(かくまく=黒目)に翼(つばさ)の先端のように侵入することから、翼状片炎(よくじょうへんえん)といいます。年齢的には中年以上の方に現われやすく、翼状片炎が伸びて黒目にかかってしまうと視力は極端に悪くなります。黒目にかからなくても強い乱視になるため、メガネが合わなくなってしまうこともあります。

Q&A

  • 検査のみ所要時間は
  • 約30分です。
  • 進行予防策はありますか?
  • 疾患の原因については、この病気にかかる人の職業が屋外労働の多い漁師や農業の方が多い点を考えると、日光に含まれる紫外線の関与が最も考えられます。そのため進行予防策としては、屋外ではUVカットの確実なサングラスを常時使用などがよいでしょう。

月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。