種類 眼鏡 コンタクトレンズ
見え方 眼鏡の枠がある 眼に直接入れるので視野が広い
  レンズの度数によって歪(ゆがみ)みや・歪(ひずみ)みがある 眼に直接入れるので歪みや・歪みがほとんどない。
  度数が強くなると物が小さく見える(近視の場合) 眼に直接入れるので、度数が強くても見る物の大きさはほとんど変わらない。
  不正乱視や円錐角膜の場合矯正ができない 矯正ができますし、円錐角膜専用のコンタクトレンズもあります。
  不同視(ふどうし)など左右の度数が一定以上差がある場合に不向き 左右の度数に差があっても、眼に直接入れるので、見る物の大きさはほとんど変わらないため良好な視力がでます。
スポーツ 球技や格闘技など体が接触するスポーツには特に不向き スポーツには特にソフトコンタクトが向いています。
  水泳やダイビング用の度付ゴーグルもあります。 水中ではゴーグルをしていても、浸水時には流れてしまうので不向きです。
使用年齢 小さなお子さんでも装用でき、最近は子供用のフレームもたくさん用意されています。 スポーツ等の理由がない場合は、通常は中・高生以上の年齢が原則です。
装用 眼鏡枠が重たい、じゃまになる。 外見上使用していることが他人にはわからない
取扱い 簡単 取扱いと装用に細心の注意が必要です
着脱 簡単 着脱に練習が必要です
慣れ 度数にもよりますが、比較的早くなれます 装用初期の異物感など、慣れに個人差があります。特にハ−ドレンズは慣れない方もおられ、その場合はソフトレンズへ交換するなどの定期検査が必要です。
障害 眼鏡が割れるなどの事故以外はほとんどありません 時に角膜障害などを起こす事があります。慣れた後も定期検査が必要です。
医学的な禁忌 ほとんどありません 結膜炎や角膜炎、またアレルギーやドライアイなどの症状がある場合は装用できません。
お洒落 最近はいろいろなフレームでお洒落を楽しむ方も多いようです。 瞳を大きく見せるコンタクトや、瞳の色を変えるカラーコンタクトもお馴染みです。
その他   医師の指示に従えなかったり、コンタクトの衛生状態を保てない方、極度に神経質な方(怖くてコントクトレンズを眼に入れられない方)はコンタクトを使用できません
関連リンク