感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

ピースマムvol.37に掲載されました。

米倉眼科の米倉院長がフリー情報マガジン「ぴーすまむ」内で目に関する様々な悩みにお答えしています。
2017年3月1日発行「ピースマムvol.37」に掲載された記事はこちら↓


(クリックで拡大表示されます)

Q:ママが花粉症
子どもに遺伝する?

私は毎年、スギ花粉症で苦しんでいます。花粉症は子どもにも遺伝すると聞きますが本当ですか?何歳からかかりやすいのですか?自宅が山の近くなので、子どもが花粉症にならないか心配です。ベビーにマスクはできず、有効な予防法があれば教えてください。
症状がなくても受診の必要があるのか、何科を受診したらよいかも知りたいです。
(8か月女の子のママ)

A:発症が低年齢化
症状が出たら小児科へ

花粉症の要因にはアレルギー体質の遺伝もあります。しかし、生活習慣や住環境なそ他にもさまざまな要素があり、家族に花粉症の人がいても発症しないケースもあります。
近年では発症の低年齢化が目立っています。発症年齢の断定はできませんが、早い場合は幼児でも発症することがあるようです。花粉症にならないためには免疫力が大切。食生活や生活習慣に注意しましょう。
症状がない場合の受診は必要ないでしょう。発症した場合、症状は目、鼻、のどに表れます。乳幼児ならば小児科を受診すると良いでしょう。

この表紙を見かけたら、手にとってみて下さいね!



月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。