感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

ピースマムvol.49に掲載されました。

米倉眼科の米倉院長がフリー情報マガジン「ぴーすまむ」内で目に関する様々な悩みにお答えしています。
2020年03月10日発行「ピースマムvol.49」に掲載された記事はこちら↓


(クリックで拡大表示されます)

Q:もしも「斜視」だったら…

 0か月の娘ですが、目が内側に寄っているように見えるので心配です。斜視かどうか正確に診断ができるのは何歳くらいですか?
 もし斜視であれば、手術は早い方がよいのでしょうか?何歳から手術できますか?
(10か月女の子のママ)

A:生後6か月くらいから診断可能

 物を見ようとする時、両目が寄っているような状態を内斜視といいます。赤ちゃんは鼻の根元が広がっているため、内側の白目の部分がかくれて寄り目のように見えることが多いのですが、これは「仮性内斜視」といって成長に伴って治りますので心配ありません。
 内斜視の種類としては、生後4か月頃までに起こる乳児内斜視、1歳前後に起こる調節性内斜視等があります。メガネで治る場合もありますが、手術をする事もあります。
 内斜視の治療は早い方が良く、遅れると視力が悪くなったり、両目で物を見る働きが発達しなくなりますので、生後6か月くらいになったら受診され、内斜視かどうかの診断を受けられることをおすすめします。

この表紙を見かけたら、手にとってみて下さいね!



月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。