感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

ピースマムvol.51に掲載されました。

米倉眼科の米倉院長がフリー情報マガジン「ぴーすまむ」内で目に関する様々な悩みにお答えしています。
2020年09月1日発行「ピースマムvol.51」に掲載された記事はこちら↓


(クリックで拡大表示されます)

まぶたが赤く腫れる場合、眼帯やかゆみ止め塗布でOK??

 5歳の息子ですが、まぶたの一部が赤く腫れ、目も少し充血しています。かゆいようなので、こすらないように市販の眼帯をするか、かゆみ止めを塗ろうかと思っています。前にも同じような症状があったのですが、3日くらいで自然に治りました。原因がわからないので眼科を受診した方がいいのでしょうか?       
(5歳男の子のママ)

A:眼帯はNG!間違ったケアをしないためにかゆみがある段階で眼科受診を

 虫刺され、もしくはアレルギー性の炎症の可能性もありますね。子どものアレルギー性結膜炎も増加しています。花粉やハウスダスト、ダニなどが代表的なアレルゲンです。
 かゆみがある段階で、早めの受診をおすすめします。眼科では抗アレルギー薬、抗炎症薬などの目薬、塗り薬としては、目の中に入っても大丈夫な眼なんこうを処方します。(市販の塗り薬は目の中に入らないように注意が必要です)
 また、眼帯の使用はやめましょう。子どもの目(特に10歳以下)は発展途上ですので、一日でも眼帯で覆われてしまうと、その後、覆われた方の目は弱視といって、矯正しても充分な視力の出ない目になってしまう可能性があるからです。

この表紙を見かけたら、手にとってみて下さいね!



月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。