感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

ピースマムvol.52に掲載されました。

米倉眼科の米倉院長がフリー情報マガジン「ぴーすまむ」内で目に関する様々な悩みにお答えしています。
2020年12月1日発行「ピースマムvol.52」に掲載された記事はこちら↓


(クリックで拡大表示されます)

Q:目の周りが赤く、乾燥している眼科?それとも小児科?

 10か月の息子ですが、目の周りが少し赤くなっていて(充血はなし)、その部分の皮膚が乾燥しています。痒いようでかいてしまうのですが、目の病気でしょうか?原因はなんでしょうか?まだ小さいので眼科か小児科で迷っています。どちらを受診すべきですか?
(10か月男の子のママ)

A:目の炎症も出ていないかまずは眼科の受診を

 症状があらわれているのが目の周りだけなら、まずは眼科の受診をおすすめします。
 かゆみや赤み、乾燥などの原因は、皮膚のアレルギーと思われますが、アレルギーを起こす物質はとても多くて、原因も何か一つだけというわけではなく、様々な要因が重なり合って起こることが多いのです。眼科で目にも症状が出ていないかも診てもらいましょう。
 炎症を治すためには、塗り薬を出しますが、目の周りの皮膚はとても薄く敏感ですから、目の中に入っても安全な眼科専用の軟膏で治療します。目の炎症には目薬を点眼します。悪化しないうちに、早めの受診が良いでしょう。

この表紙を見かけたら、手にとってみて下さいね!



月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。