感染症のある結膜炎について
学校検診について
レーザー治療
今年の花粉情報

ものの見え方と視神経に関する病気

遠視眼精疲労視神経炎近視色覚異常視神経萎縮斜視弱視調節緊張VDT症候群乱視老視

眼の構造や屈折異常のしくみ

眼の構造角膜の構造近視・遠視・乱視と度数

ピースマムvol.55に掲載されました。

米倉眼科の米倉院長がフリー情報マガジン「ぴーすまむ」内で目に関する様々な悩みにお答えしています。
2021年9月1日発行「ピースマムvol.55」に掲載された記事はこちら↓


(クリックで拡大表示されます)

Q:乱視は遺伝?何歳くらいから乱視用の眼鏡が必要なの?

 小1の次男ですが、遠くが見にくいようで近所の眼科を受診しました。眼鏡を作るところで右目の視力が出にくいと言われました。上のお兄ちゃんも私も右目が乱視ですが、遺伝で次男も乱視なのでしょうか?また、眼科で作ってもらった眼鏡は近視用でした。片目だけ乱視の場合は、乱視用眼鏡が不要なのでしょうか、それとももう少し大きくなったら乱視用の眼鏡が必要なのでしょうか?
(小1男の子ママからの質問)

A:屈折異常に遺伝が関係しているかはわかっていません。今の眼鏡で様子をみて、定期的に受診し、状態に合わせた眼鏡の処方を。

 眼科を受診されて、眼鏡を処方してもらったのですね。詳しい度数はわかりませんが近視用の眼鏡ということなので、おそらく乱視の度数はゆるかったのではないでしょうか。よく見えているようならその眼鏡で様子をみてあげましょう。
 近視、遠視、乱視など視力低下の原因となる屈折異常ですが、遺伝するのかどうかははっきりわかっていません。スマートフォンやパソコン、タブレットなどの普及によって長時間近くを見るなど、環境要因もかかわってくるでしょう。
 今後も定期的に受診され、近視や乱視の度数の変化に応じて、よく見える眼鏡を処方してもらいましょう。

この表紙を見かけたら、手にとってみて下さいね!



月額1890円からの定額制コンタクトレンズ「メルスプラン」

※症状のある方は、お早めに眼科医にご相談ください。
メルスプランは、月額1,800円(税別)からの毎月定額の料金で メニコンの高酸素透過性ハードレンズや1日使い捨てソフトレンズ、新素材の高酸素透過性使い捨てソフトレンズ(2週間使い捨て)がご使用できます。また、使用者のニーズや目の状態に合わせて種類変更もできます。